スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHKの取材

いきなりですが、
明日、NHKさん(全国ではありません。地方局です)
に取材される事になりました。

勤めている児童館の取材をしたいと申し入れがあり、
広報誌作りを撮影したいとの事。

はいはい良いですよと、了解したのはしましたが、
広報紙、今月から
新しい号が配布され始めたばかりで、
次回の制作は8月の頭です。

いったいどういう所を撮影するんだろか?

明日が楽しみです。
インタビューとかされたいなぁ・・・

偉そうに答えたい

放送は月曜日になりそです。




今日の一曲
Oasis
『The Shock Of The Lightning』

上手く行くこと/行かないこと

上手く行っている時は、自分を中心に考えて、
落ち込んでいる時は、他人を中心に考えてしまう。
そういうこと、無いですか?
けっこう僕はそう考えてしまいます。

例えば、落ち込んでいる時は
「自分は、どうしてあの人みたいにできないんだろう」
「がんばっているのに、回りが認めてくれない」
と、いうふうな具合に考えがちになっちゃいます。

責任を他人に押し付けるというのとも少し違います。
嫉妬とかになるんでしょうか?

で、他人っていうのは、自分の思い通りに行かない所なので
よりマイナスマイナスへ落ち込んでしまったり・・・

上手く行っている時は、
「自分から動いて良かった」
「昔から積み重ねていた事が日の目を見た」
など、自分を中心に考えていたりします。
(自己中とは良く言った物です)

でも結局は、上手く行くこと/行かないこと、
どちらも『自分』に責任があります。

上手く行かなかったのは、
自分の努力が足りないからだし、
回りに上手く伝達できてないからです。


なぜそうなったのか、
考えの中心を『自分』にして考えてみると、
けっこうスルスルと解決したりします。

最近なかなか上手く行かず落ち込んでいたのですが、
ふと考えの中心が『他人』になっている事に気づき、
『自分はいったいどうしたかったのか』と考え直すことで、
色々と上手く回りだしました。

これ、当たり前の事なのかもしれませんが、
上手く行かない時は、なかなか出来ないです。


でもま、他人って、なぜかみんな凄く見えるんですよね。





今日の一曲
Cornershop『Good Shit』

~しい

最近、ちょっと手持ち無沙汰になると
『~しい』
でおわる言葉を考える癖が
出来てしまいした。

『たのしい』
『かなしい』
『うれしい』
『さびしい』
『くわしい』
『はずかしい』
『ものものしい』
『すばらしい』

・・・

と、まあ、けっこう限りなくでてくるんですが、
どれも、けっこう良い言葉なんです。
感情を上手く言い表していて。

『おどろおどろしい』
『ういういしい』
『まどろっこしい』

まだまだ
でてきます。

『よそよそしい』
『こうごうしい』
『いやしい』
『こいしい』

いくつぐらい出てくるか?
なんだか大げさな言い方かもしれないですが、
感受性のトレーニングみたいで楽しいです。

よろしければ、ちょっと考えてみませんか?




今日の一曲
rovo『極星』

間合い

相手との距離を測る事、
自分の理想の距離を作る事を、
『間合いをはかる』といいます。

武道などでよく使われる言葉ですが、
これがなかなか難しい。
自分の『間合い』を上手くとりつつ
相手の『間合い』を上手くはずす。
つまり、
どちらかが不利になる訳です。


ですが、相手を不利にしてやろうと思わない
『間合い』というのもあるんじゃないかと思います。

それは、コミニュケーションの時であったり、
自分の夢との距離などをはかる時の『間合い』です。

努力して技術を付けたり、
人間関係を築いたりするのは、
自分の『間合い』を広げているとも
考えられるんじゃないでしょうか?

大きな『間合い』を手に入れたら、
その中での物事は、
自分の『間合い』での物事になるんです。
自分の『やりやすい』距離になるんです。

そうやって考えたら、
なんだか僕は”がんばった”ことが
しっかりと自分のためになるような気がして、
がんばる事が楽しくなります。
そんなことを考えた午前でした。



今日の一曲
Blankey Jet City『Dynamite Pussy Cats』

出来るようになると、出来ない事ができない事

出来るようになって、
出来ないことがわからなくなる事が、時々あります。

例えば、
・ひらながなの読み書き
・立方体を簡単なイラストで描く事
・ペン回し
などなど、覚えるまでは大変だったはずなのに、
一度覚えると、出来ない事が不自然に思えます。

他にも色々あると思うのですが、
その中でも、思い当たりやすいものに
自転車に乗るという事が挙げられます。

これも、
さいしょっから乗れる人はいないはずなのに、
一度乗れるようになると、
上手く乗らないことが難しくなってしまうという、
変わった(?)行為です。


で、そこで疑問に思ったのですが、
自転車に乗れない人は
スクーターやバイクに乗れるんでしょうか?


全くどうだっていいことなのですが、
気になりだすと、気になって・・・

タイヤをこぎながらバランスをとるから、
自転車に乗るのが難しいのなら、
勝手に進んでくれるバイクなどは、
自転車より簡単に乗れるのではないかと、
勝手に推測してしまうんですが
実際はどうなんでしょう?

もしも、自転車よりも乗りやすいとしたら、
バイクやスクーターから練習して、
最終的に自転車に至ると言った
あべこべ練習法ってのもありえ・・・るかもしれないですよね?


ただ、残念な事に、
スクーターは16歳にならないと免許がとれません。
16歳以上で自転車に乗れない人って殆どいないんですよね・・・





今日の一曲THE ELEPHANT KASHIMASHI『Baby 自転車』

絵を教えること

子ども達と格闘する日々も、もう一年近くになります。
春休みも終わり、仕事もとりあえず一段落。

春休みに、子ども達に絵を教えていたのですが、
『教える』必要なんか無いほど、
良い絵がバンバン仕上がります。

そこで、ふと
学校の絵(図工・美術)の授業って、
綺麗に書くための授業だったんだなって思い出しました。

風景を写生したり、友達の顔を描いたり
動物や、イベントの絵を沢山描きますが、
綺麗に描ける事が正解になっていて、
ちょっと奇抜な事をすると、なぜか怒られた記憶もあります。

『人に何かを伝える絵』は殆ど描かなかったように思います。

絵って、別に上手く描く必要は無いのに、
授業だからか、上手く描く事が正しいとされてしまい、
なんだか、国語や算数のような扱われ方です。
これでは、絵を描く事が苦手だと言う人が、
どうしても多くなります。

絵って、表現ですし、
何かを伝える為のツールな訳です。

悲しい事に、大きくなるにつれ
正解は無いのに、
正解があるように錯覚してしまっている人が多いです。


一番重要なのは、絵を描く事が『楽しい』と思える事な訳で、
子ども達は基本的に、絵を描く事は『楽しい』と思っています。
だから、
絵の指導は、絵を描く環境づくりと
『何もしない』ということなのではないでしょうか?

思うままに描き、それを『認める』ことが、
絵を教えるということなのではないかと、
認めざるを得ない絵を目の前にして思わされました。






今日の一曲
真島昌利『クレヨン』


現状とこれから

あれこれと、なんだかんだとするうちに、
こんなにブログを放っといてしまいました。

去年の前半までは習慣で書いていたので、
書かない事が気持ち悪かったのですが、
一度習慣でなくなってしまうと、
ブログを書いている本人が
ブログをチェックしないようになってしまいます。


このブログも、少し変化させようかと考えています。
もともと卒研の進捗(しんちょく)を書く事が目的だった物から、
だんだんと雑多な物になり、
”芯”が無くなってしまいました。
良い機会ですし、リニューアルしますか。

新しい”芯”を作っても良い頃だと思います。


と、まあ、そんなところで、
今後の事はここまでにして、最近考えている事を。

あいかわらず、子ども達と格闘する日が続いています。
広報誌は3月の頭に新しい号を発行しました。
すこしづつ、すこしづつではありますが、
良くなっていると思います。

子ども達との格闘は、もう、日々勉強です。
一人の子に正しい事は、もう一人の子には間違えていることばかり。
決まった正解を求めてはいけないようです。

こないだ、研修として、
県の児童福祉連絡協議会に参加して来ましたが
みなさん、同じ事で悩んでいらっしゃるようでした。

どうも、正しい答えを無理矢理作ろうとしている人ほど、
いびつな形になっていていると感じます。
「答えなんてないんだ」と、
割り切った方が上手く行きそうです。

仕事も、生活も。

安定を求めるから、いびつになる。
不安定を楽しむ方が、上手く行く気がします。
あべこべですが。
ま、それでも、安定(=安心)をほしがってしまうんですけどね。


とにもかくにも、春。
さっき、車で走っていたら、桜がちらほらと咲き始めていました。

また、近々、更新します。





今日の一曲
サニーデイ・サービス『東京』

やらないわけにはいかないこと

ふと思い出したことを少し

「やりたいこと」
「やらなきゃいけないこと」
とても大切ですが、
「やらないわけにはいかないこと」
がとても重要なことだと、
どこかで読んだか・聞いたかしたことを思い出しました。

忘れないうちにここに書いておきます。

やめようやめようと思ってもやめられないこと

煙草やお酒というとイメージが悪いかもしれませんが、
ついついしててしまっていることが、
本当に好きなこと、向いていることではないんでしょうか?

ついつい楽器を触ってしまう
ついついネットを見てしまう
ついつい揃えてしまう
ついつい考えてしまう

いくら頑張ろうと思って練習してても、
ついつい楽器を触ってしまう人のほうがうまかったり

いくら頑張ってパソコンを覚えようとしても、
ついついネットを見てしまう人のほうが詳しかったりします。

おしゃれな人は、
おしゃれでいることをやめられないんだろうとも思います。
ついつい気になってしまうのです。


そんな
やらないわけにはいかないことを
しばらく優先してみようかなと思います。




今日の一曲
くるり『家出娘』

あけましておめでとうございます

おそ~くなりましたが、
あけましておめでとうございます。

遅すぎますね…相変わらず更新を怠ってしまってます。

年末は大学時代の友人、
正月は家族、親戚、
年始は高校時代の友人と一緒にすごし
幸せな正月でした。
ありがとうございます。

飲みすぎた&食べ過ぎた…
体重、しっかり増えてました。

体は正直です。


今年はもうちょっと更新をまめにしていく、
と、久しぶりの更新で書いておきます。


今年も一年、よろしくお願いします。





今日の一曲
ハナレグミ『家族の風景』

講演会、無事(?)終了

高校での講演会、無事終了しました。

大体40分、話して来ました。
生徒さんは大体40人くらい。
話しを聞きつけ聞きに来た方が5,6人

緊張しました。

今年一番の緊張かも・・・
いや、卒業研究の発表も今年だったので、
それと同じくらいの緊張でした。

前日に予行練習(一人)をした時は
ちょっと時間オーバーだった内容も、
緊張で早口気味になり
すこし早めに話し終えてしまう有様。

う~ん、人前で話す事、児童館という仕事柄
けっこう慣れたと思ってましたが、まだまだです。


また、生徒さんが書いた感想のコピーを頂く事になったので
しっかりとした反応はわかりませんが、
寝る生徒さんがいなかったのが救いでしょうか・・・



でも、良い勉強になりました。
こんな機会がないと、話しを考えてまとめる事なんてないですし、
自分の作品集も、この講演のおかげでまとめ直す事が出来ました。
感謝。

ふぅ、そのせいか、今日は一気に力が抜けてます。





今日の一枚
菊地成孔とぺぺ・トルメント・アスカラール
『記憶喪失学』

««BACK  | BLOG TOP |  NEXT»»

プロフィール

TOKIE

Author:TOKIE
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。