スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見立て

『ブラックボックス』の時に一緒に書こうと思ってたのですが、
予想以上に長くなってので、別に残しておきます。
『見立て』についてです。

何かを別の物に『見立て』る。
これは、とても重要な事です。
『見立て』があるから、ものづくりの楽しさが味わえますし、
人と競ったり、協力し合えたりします。
『見立て』は、玩具やおもちゃには、とても大切な欠かせない要素です。

『見立て』を具体的に説明します。
レゴブロックをいくら組み立てたところで、クマにはなりません。
でも、クマの形に似せ、くまに見立てる事はできます。
似せる事が上手くできれば、他人が見ても『クマ』と判断できます。
つまり、この見立ては、自分一人しかわからない見立てではなく、
他人の目を通してもわかる、見立てという事です。

それは、『折り紙』や、先日も書いた『ふくわらい』にも言える事です。

この『見立て』のおかげで、
レゴブロックは、ただの組み合わせ遊びにとどまらず、
レゴビルダーと呼ばれる専門家を輩出するまでになっています。

見立てるという事が無ければ、
『ふくわらい』を面白いと思う人がはたしているでしょうか?
きっといないのではないかと思います。

では『見立ての』何が面白いのでしょうか?

それは、そこに存在しないものを、そこの表現できる点と、
みんなのイメージを共有できる点の二点ではないでしょうか?

クマがそこに存在しては困ります。パニックになるでしょう。
でも、見立てたクマならば、存在しても、何も問題無い。
それどころか『折り紙のつる』のように、中々見られないものや、
存在もしない動物や乗り物などを表現する事ができます。
存在しない物しか表現できないのならば、
新しいモノを生み出す事自体ができないのではないでしょうか?


そしてもう一つ。イメージを共有できるという点は、
「こういったもの」や「ここがこうなっていて・・・」などの説明が、
見立てによって伝えやすくなります。
それは、みんなが頭の中で想像し、組み合わせる事が、
見立ての力で補足されるからです。
『百聞は一見にしかず』と言うように、
たくさん説明されるよりも、
パッと見立てた物を出す方が理解しやすい事でわかります。
(それは、モノでなくても、絵などでも可能です。
絵も、紙の上にそこにありもしない物を書いて見立てています。)
『ふくわらい』も、みんなのイメージにある顔とのずれを楽しむおもちゃです。
正解がわかっているから、間違いもわかる。
この事で、「そこはこうしたら?」「違う、もっと右」と、
より正しい答えを出し合う事ができます。

つまり、『見立て』は、
新しいモノや、より良いモノを作り出すのに
欠かせない事だと言えるのではないでしょうか?

『ブラックボックス』の解決にも『見立て』は必要です。


上手く『見立て』を利用したモノを作ることができれば、
きっと面白いモノができるはずです。



やるぞ~
で、今は、見立てを上手く生かしているモノをリスト化しています。
何かあったら、コメントに書いていただけると幸いです。


ふう、また長い。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

TOKIE

Author:TOKIE
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。