スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラックボックス

久しぶりに卒業研究について書きます。

テーマでもある、『わかる』『つながる』。
この二つを満たすために、邪魔でもあり、ありがたい存在でもある、
『ブラックボックス』についてです。

『ブラックボックス』とは、内部構造が分からないと言う事です。
または、他人に見られたくなかったり、見られたら困る内容などを、
隠す事、見えなくする事を『ブラックボックス化』と、いいます。

この『ブラックボックス』なにが邪魔で、ありがたい存在なのかと言いますと、

このブログを書いているMac、操作はできます。それなりに。
でも、どういった構造で操作が進んで行っているのか、わかりません。

もちろん、ある程度の事は分りますが、
すべて説明できる人はまれだと思います。
『ブラックボックス化』されているおかげで、操作でき、使う事ができます。

Macに限らず、
ほとんどの家電製品は『ブラックボックス化』の上で成り立ってます。

それ自体は、ありがたい事だし、良い事なのかもしれませんが、
そのせいで、操作がわからなかったり、
故障したときにお手上げになってしまいます。

最近人気の(もう古いか)
『ピタゴラスイッチ』などは、あれだけ複雑になっています。
でも、見ただけで、構造が解りますし
「なぜこうなったか?」の質問に答えられます。

構造がわかるということは、修復もできると言う事です。

昔ながらの遊び『ふくわらい』は、構造を理解したうえで、
それを崩すから楽しい遊びになります。
顔に見立ててあるパーツのおかげで、
説明書が無くても、正解がわかり、見ているだけでも楽しむ事ができます。

説明書が無くても解るようにするために家電などは
『ブラックボックス化』を進めています。
それは良い事だと思いますし、必要な事ですが、
反面、メーカー毎に違う操作方法や手順を設定してしまう事になってしまい、
『わからない』状態になってしまっています。

おもちゃ・玩具でも、テレビゲームの出現で、その傾向があります。
特に、シリーズ物などは、途中参加者とそのゲームのエキスパート、
どちらも満足させる事が要求されるため、
複雑なのに、わかりやすさを要求されています。
そしてそれは、大体にして、
途中参加者にはわからない操作に落ち着いてしまいます。

これも、構造が『ブラックボックス化』してある為におこることです。
(でも、ブラックボックス化しなければ、誰も操作などできないのも事実)

この卒業研究では『ピタゴラスイッチ』や『ふくわらい』
の解りやすさを、目指していきます。
『ブラックボックス』は、
いくらわかりやすくしても、隠してしまっているという事です。

それは、はたして良い事なのだろうか?
『わかる』『つながる』には、本当に必要なのだろうか?
そういった事に、
少しでも問いかけをできればと考えながら進めていってますし、
進めて行きたいと考えています。




長くなりすぎた・・・




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

TOKIE

Author:TOKIE
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。