スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の相撲について思うことと新理事長について

いろいろと問題一杯の大相撲。

なんとも、
本業以外の所ばかり注目されています・・・

普段相撲を見ない人ですら
知っているであろう大麻問題。

下手をすれば、今は
横綱・白鵬よりも若ノ鵬の方が
知名度があるのかもしれません。

それにしても、すべて
ロシア出身力士というのが良いのか悪いのか・・・


ここでちょっと思うのが、
親方や相撲協会の教育が悪いから、こうなったのか
(ものすごく失礼ですが)出身国のお国柄なのかと言うことです。

もし、今回大麻を吸っていたのが、
日本人力士とモンゴル人力士、
それにロシア人力士だったら
親方や相撲協会の責任と
言い切ってしまってもいい気がするのですが
すべてがロシア出身力士という所が
問題をややこしくしている気がします。


琴欧州など、ヨーロッパ出身の力士は、
どうしてもレスリングの動きが抜けずに
上手く相撲の動きに適応できないと聞きますし

少し話しがずれますが
柔道出身の総合格闘家は
どう頭でわかっていても
ローキックに合わせて足を上げる防御が
できないと聞いたことがあります。
(投げられないように
 踏ん張る防御が身に付いているためだそうです。)


親方の教育が悪いから
相撲の動きが覚えられていない
と、いうのは、
日本人が日本人に対してのみ通用する考えだと思います。

全く畑の違う所からの者に対して
今まで通りの教育システムで通って来た
今までの相撲界の方が異質だったのかとも感じてしまいます。


この違う畑からの参入者を
どう受け入れ、今後進んで行くのか
難しい問題ですね。


ただ、今度、理事長へと就任した
武蔵川親方。
ものすごく適任だと思います。
武蔵丸(ハワイ出身)・武双山・出島など
いわゆる日本人の期待する
日本人らしい相撲をとる力士を多く育てています。
この方法で、
沢山の外国出身力士を
しっかりとこちらの畑に馴染ませるのでしょうか?
それとも・・・

新理事長が、こういう国際化された相撲界を
どう方向付けしていくのか

凄く期待しています&楽しみです。


長文失礼






今日の一曲
JITTERIN'JINN『青いカナリア』
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

TOKIE

Author:TOKIE
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。