スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私塾のすすめ

久しぶりに読書感想文です。


以前も何冊か感想を書かせていただいた、
梅田望夫さんの新刊が出ていたので
さっそく読みました。


(以前の感想は、
 こちらのウェブ人間論
 こちらのフューチャリスト宣言です。)

以前に書いた二冊も、対談の本でしたが、
今回感想を書く『私塾のすすめ』も、
対談の本で、今回は、
声に出して読みたい日本語』などの著者、
齋藤孝さんとの対談をおさめられています。

内容は、
『自分に合った”学び”の場をいかに見つけ、学んで行くか?』
という内容が中心です。


うん。
面白かったです。
過去の二冊の対談も凄く良かったですが、
今回は、内容が具体的でわかりやすく、
(おそらくウェブ時代をゆく
 梅田さんが書かれたことが、
 話が具体的な話になった理由だと思います)
「じゃあ僕はこうしよう」
という、本の影響が
自分の行動へと即、
活かされるような内容でした。


興味深かったのが、第三章。
『ノーと言われたくない日本人』という章なんですが、
いくつかの言葉が、
まるで自分のことを言われているようで、
けっこう響く内容でした。

行動を起こすことの大切さ、
そして、そのことはめったに理解されないという厳しさ、
でも、それを楽観的に話す二人の会話は
なんとも力強いなと、、、


あまり内容を書くと、
これから読む人に申し訳ないので、
詳しくは書きませんが、
この章の前半に登場する
「寒中水泳」の例え話が、
今の自分に言われているようで、
なんとも・・・


他にも、たくさん、
興味深い内容が詰まった本ですので、
おすすめです。

しかし、この本を最後に梅田さんが
しばらく本を書かなくなるのは残念。
新刊が出るのをけっこう楽しみにしていたんですが・・・

また、何年後か、新刊が出るのを楽しみにしています。


私塾のすすめ ─ここから創造が生まれる (ちくま新書 (723))私塾のすすめ ─ここから創造が生まれる (ちくま新書 (723))
(2008/05/08)
齋藤孝 梅田望夫

商品詳細を見る







今日の一曲
Radiohead『Creep』
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

TOKIE

Author:TOKIE
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。