スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中間審査が近づきてきた

久しぶりの卒業研究の進み具合書き込みですたい。

書こう書こうとは思っても、
ちょくちょく進む方向が変わり、
なかなか書けませんでした。

中間審査が近づいて来たため、
無理矢理にでも現段階をまとめています。

で、ある程度まとまった現段階を
レジュメにしたので、載せておきます。
(現在はここから更に変更が数カ所ありますが)


テーマ:
『見立て』を利用した多解性玩具の提案と制作
〈映し出し式の見立て玩具〉


[方向性] 
本研究では『見立て』というキーワードを中心に、
想像力を生かす事によって楽しむ事ができる、
新しい多解性組玩具(答えの数が決まっていない玩具)を
提案する事を目的として制作を行う。

[これまでの成果]

〈見立てる行為の分析〉
どうすれば有効かつ効果的に
『見立て』を行う事が出来るかを考案
 →人は『顔』や『動き』を認識、分析する能力にたけている。
  この『顔』『動き』を認識する能力を活かし、
  身の回りの様々なモノを『キャラクター』や
  『キャンパス』に『見立て』モノに対する愛着や、
  新たな視点から観察する能力を身につけられる玩具を提案する

〈多解性玩具の分析〉
 多解性玩具を分類、ジャンル分けし、
 何が楽しいのか・何が不足しているかを分析
 →パーツを組み合わせる事による『多解性玩具』数多く存在するが、
 身の回りの様々なモノを利用し、遊ぶ玩具の種類は少ない。
  そこで身の回りのモノを『キャラクター化』する、
 パーツ自体を選ぶ事の出来る『多解性玩具』の提案を行う。


[今後の展開]
 これまでの成果を踏まえ、
 2種類の『映し出し式の見立て玩具』の制作を進める

〈提案1〉表情を表現する『見立て玩具』
 懐中電灯や、レーザーポインタのように、
 光で人の顔を影絵のように映し出し、
 照らされたモノを『キャラクター化』する。
 また、その影絵の『表情を動かす』事で、
 キャラクターの感情を表現する玩具の提案をおこなう

〈提案2〉動きを表現する『見立て玩具』
 提案1と同様にスティックパーソンを投影し、
 動き(走る・飛ぶなど)を表現する。
 家具や、家の壁、出窓などを『コース』に見立て、
 キャラクターを映し、遊ぶ玩具の提案をおこなう 




ふう長文
わかりやすくまとめてまた書きます。






今日の一曲
The Beatles『When I'm Sixty-Four』
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

TOKIE

Author:TOKIE
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。