スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸と母

母が実家から神戸に来ました。
一緒に昼ご飯を食べ、神戸案内。

三ノ宮をぐるっと案内し、南京町を通り、
元町商店街でコーヒーを飲むという
いわゆる観光ルートでしたが、母を案内しているという事で、
普段三ノ宮を歩くのと違う目線になりとても楽しめました。

神戸は大阪ほどせかせかしていないし、
京都よりも道が広いので、居心地が凄く良いなと改めて実感。


で、本題。
母を案内している最中、ある違和感を感じていました。
それは『実家にいつもいる母が、一人暮らしをしている神戸にいる』という事です。

当たり前ですが、実家(地元)と神戸では普段つきあっている人が違います。
実家に帰る時は、自分が帰るから環境そのものが変わるので、
神戸の生活が無いような感じがしてしまいます。
逆に神戸にいる時は、実家での生活が無いような錯覚がします。
(だから実家の環境でこのブログを見ると何となく違和感が・・・)

だから神戸の環境に、実家の母がいると言うのに何か違和感を感じていました。
でも、以前兄が神戸に来た時はさして違和感はなかったし、
地元の友達が来た時も違和感はほとんど無かったんです。

つまり、他の人では感じないけど、
母が神戸にいるという事に凄く違和感を感じた訳です。

なんでだろうと、色々地元の家族や知り合いが神戸に来た時を想像していたら
一つの『違和感を感じる基準』が見えて来ました。

それは『よく外出する人かしない人か』です。
よく外で会う人には、神戸であっても違和感を感じないのですが
地元の中だけでしか見ない人が神戸にいるとなると違和感を感じます。

そういえば、母を地元以外で見るのなんて何年ぶりだろうか?
いつもいつも忙しそうに働いている姿の母ばかり思い出します。

以前「家族旅行を計画しよう!」と兄弟で話してましたが、
実行しなきゃ!という気持ちが今回の神戸案内で強くなりました。

いつもがんばっている母へ『違和感』を感じないようになるプレゼントを!
そんな事を感じた神戸・母案内でした。






今日の一曲
Rei Harakami 『あるテーマ』
スポンサーサイト

コメント

お母さん息子とデートですか。
そりゃ、お母さん嬉しかったでしょうね。
素敵な親孝行だv-218

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

TOKIE

Author:TOKIE
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。