スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かわそ祭り

地元で行われた祭り『かわそ祭り』に参加してきました。

神輿を担いできたのですが、そりゃもうキツかったです。
朝早くから近所の神社に集合。
日本酒がみんなに振る舞われ、挨拶と祭りの無事を祈願する御祈り。
余談ですが、やはり神事には日本酒が合いますね。
味も、雰囲気も、アルコールの濃さも。

町の若い衆が40人くらいが神輿を担ぎ、町内を練り歩くと言う、
まあ、いわいる田舎の伝統的なスタイルの神事。

大体50mおきぐらいに近所の方々の協力で休憩所が用意されており、
止まるたびに色々な料理、お菓子、お酒が振る舞われます。
近所の方との交流も楽しい。久しぶりにいろいろな人に会い、
ちやほやされ、歓迎されてきました。

と、ここまでの内容を読むと「なんだ、すぐ休憩だし楽しそうじゃないか」
なんて思われるかもしれませんが、そんなに甘くありません。

とにかく神輿が重い重い。
50mがホントに限界な重さ。
しかも、担いでいる持ち手の部分が固く痛い。
始めは、前に上手く進むための号令的なかけ声が、
次第に気合い入れのためのかけ声に。
片方の担ぎ棒が下がると、ホントに潰されそうな重さ。
「気合いを入れろ」との叫び声があちらこちらから飛び交います。

さらに、休憩所のたびに注がれる日本酒。
振る舞われるビール。
50m置きにアルコール摂取とその後の全力の運動。
アルコールがまわるまわる。

開始から一時間ほどで動けなくなる人や運ばれる人が出る有様で、
(ちなみに午前10時くらい)
昼ぐらいには、キツさと酒で、みんなにもの凄い一体感が生まれます。
もちろん喧嘩があったり、やたら怖い酔っぱらい兄ちゃん&おっさんなど、
いかにも田舎的な行事(?)もしっかり押さえてあります。

もう皆限界という所で、最後のイベント
『神輿を海に入れて清める』開始。
ギャラリーも多く気合いも入ります。が
グデグデでヘトヘトの状態。
肩まで海に入り、神輿を運ぶなんて、もう自殺と同じような状況。
気合いと気力の大切さを久しぶりに実感。
何とか無事終わり、神輿を祭壇におさめた時には、みんなで抱きあって喜びました。
酔っぱらい怖い兄ちゃん&おっさんも、この時は抱き合って一緒に祝福。

きつかったですが、出てよかった。
伝統的な神事の良さを身をもって感じ、
自分の地元をますます好きになる祭りになりました。
地元の皆さんみんなに感謝!
しかしまあ、
こういった行事が全国至る所で大昔から毎年繰り返されているんですね。
凄いや。



が、地獄はその後に待っていました。
まず、寒さ。我に返ったら、寒い寒い。
ダッシュで家に帰りたいが、体中が痛くて走れない。
そして酔い。テンションが振り切れた状態で
大量の日本酒とビールを飲んだ(しかも一日中)ため、近年まれに見る酔い。
その後のご飯も、親戚の集まりも、ほとんど記憶に無し。
頭ががんがん痛く、気分が悪いのだけは記憶にあります。
一日明けた今日も、頭が痛く、酒なんか見たくもない状態。
で、筋肉痛。
すばらしく全身まんべん無く筋肉痛。
さらに神輿を担いでいた両肩は赤黒くポッコリと晴れ上がっております。
ギターなんか担げません。いたた。

ま、たまには良しとしますか。

※神輿の写真を手に入れたので、載せておきます。
kawaso







今日の一曲
くるり『お祭りわっしょい』
スポンサーサイト

コメント

選曲が絶妙っ♪
…つーか、よく考えたらまんまやん(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

TOKIE

Author:TOKIE
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。