スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

折り鶴と折り犬

とある所で使おうと思っていましたが、没になったデータです。
けっこうかわいかったので、ここで発表。
印刷して鶴を折る要領で折ると、模様付き鶴と羽根つき犬ができます。
よろしければどうぞ。

折り犬








今の一曲
The Kinks『You Really Got Me』
スポンサーサイト

神戸と母

母が実家から神戸に来ました。
一緒に昼ご飯を食べ、神戸案内。

三ノ宮をぐるっと案内し、南京町を通り、
元町商店街でコーヒーを飲むという
いわゆる観光ルートでしたが、母を案内しているという事で、
普段三ノ宮を歩くのと違う目線になりとても楽しめました。

神戸は大阪ほどせかせかしていないし、
京都よりも道が広いので、居心地が凄く良いなと改めて実感。


で、本題。
母を案内している最中、ある違和感を感じていました。
それは『実家にいつもいる母が、一人暮らしをしている神戸にいる』という事です。

当たり前ですが、実家(地元)と神戸では普段つきあっている人が違います。
実家に帰る時は、自分が帰るから環境そのものが変わるので、
神戸の生活が無いような感じがしてしまいます。
逆に神戸にいる時は、実家での生活が無いような錯覚がします。
(だから実家の環境でこのブログを見ると何となく違和感が・・・)

だから神戸の環境に、実家の母がいると言うのに何か違和感を感じていました。
でも、以前兄が神戸に来た時はさして違和感はなかったし、
地元の友達が来た時も違和感はほとんど無かったんです。

つまり、他の人では感じないけど、
母が神戸にいるという事に凄く違和感を感じた訳です。

なんでだろうと、色々地元の家族や知り合いが神戸に来た時を想像していたら
一つの『違和感を感じる基準』が見えて来ました。

それは『よく外出する人かしない人か』です。
よく外で会う人には、神戸であっても違和感を感じないのですが
地元の中だけでしか見ない人が神戸にいるとなると違和感を感じます。

そういえば、母を地元以外で見るのなんて何年ぶりだろうか?
いつもいつも忙しそうに働いている姿の母ばかり思い出します。

以前「家族旅行を計画しよう!」と兄弟で話してましたが、
実行しなきゃ!という気持ちが今回の神戸案内で強くなりました。

いつもがんばっている母へ『違和感』を感じないようになるプレゼントを!
そんな事を感じた神戸・母案内でした。






今日の一曲
Rei Harakami 『あるテーマ』

The Universe Live at スタークラブ0726

昨日は神戸スタークラブにてThe Universeライブ。

最近は一番星かスタークラブばかりですね。
毎回、客がガラガラという事も無くなりましたし、ありがたやありがたや。

いつもと曲の流れが違うライブで、けっこう新鮮に聴けました。

アンプの調子が悪く、ギターの音が途中で消えたり、
全体を通してキンキンした音だったり(PA?)しましたが、
まあ、評判悪くなかったですし、良しという事で

途中で知らない女の人が客席後ろから前に行っていたのが
個人的にはうれしかったです。
気に入ってもらえてたら何より。

それといつも写真でお世話になっているGeorgeさんが前から
「聴きたい聴きたい」と言い続けて来た
『Sunday Afternoon』を久しぶりにやりました。
やったぜGeorge!!

あと、今回のライブの企画バンド『THE BROKEN HEART JAMS』さん、
ださくて良かったです(念のためですが褒めてますよ)
いかにも昔からのロックを久しぶりに聴いた気がします。
良いですね。ロックって。


おまけ
この季節になると、うちのMacさんの熱&冷却ファンが偉い事になります。
Mac熱で部屋が余計暑くなるし、悪循環。くぅ







今日の一曲
The Rolling Stones『Jumpin' Jack Flash』

The Universeチラシ0805

The Universeが神戸芸術工科大学でライブを行います。
オープンキャンパスでのライブですので、参加自由!

どしどしお越し下さい!

チラシをつくりましたので、載せておきます。
(クリックで大きい画像が見られます)

追記
チラシ内で『本日』と書かれていますが、
8月5日に行われるオープンキャンパスでのライブですので、8月5日の事です。
チラシ0805







今の一曲
The Universe『Pixies』

朝青龍の凄さ(?)

朝青龍の優勝で幕を閉じた大相撲・名古屋場所
盛り上がった、良い場所でした。

今日(もう昨日か)付けで、琴光喜は無事大関に昇進。
久しぶりの日本人大関誕生で来場所以降が楽しみ。

そこに、今日また面白いニュースが
『朝青龍、骨折のはずがサッカー』
(詳しい記事はこちら

内容は、名古屋場所で腰骨の疲労骨折をし安静が必要な朝青龍が、
帰国先のモンゴルにてサッカーをしている模様。
しかも相手は、元日本代表の中田。

う~ん

骨折理由で巡業(相撲界の大事な行事)を休んでいるのに、なんとも・・・



ですが、あえて言います。
『朝青龍、よくやった!』と。
正義のヒーローの役は、もう一人の横綱・白鵬に任せきるんだ!
ヒールとして、力士の目の敵になり、観客の注目度を上げる為には
この朝青龍の行動は、素晴らしいと思います。
(大相撲の横綱としては駄目でしょうが・・・)

ろくに練習をせずに、他の力士の優勝を妨げ、自分が優勝する。
他の力士が働いている間は遊ぶ。
他の力士を育てずに、自分が『勝つ相撲』をする。

う~ん、ダメですが良いです。
もしこれが『自分が悪役になり、相撲界を盛り上げるためにやっている』
なら、それこそこんなプロ意識のしっかりした力士を今まで知りません。

はたして真相はいかに?








今日の一曲
The Beatles『Goodnight』

街に存在する楽器

とある街を歩いていたら、橋の手すりに楽譜を発見。
打楽器2

有名な童謡『うみ』の楽譜で、
誰でも一度は聴いた事がある歌詞とメロディーが記載されています。

なんでこんな所に?と思い、回りを見回すと、
打楽器3

あらら、鉄琴が橋の手すりにそって並んでいます。
ご丁寧にスティックも設置してある。

順番に叩いて行くと、しっかり一番のメロディが演奏できる仕組みのようで、

打楽器1

こんな風に橋の端から端まで(だじゃれになってしまった・・・)
キチンと並んで設置してあります。

おそらくこの橋の近所にあった音楽教室が取り付けた物と思われますが、
こういった『街角に音楽がある』環境っていいですよね。


親子連れなどが一緒に叩いていたりして、
ほんわかした気持ちになりました。





今日の一曲
井上武士『うみ』

大相撲名古屋場所 千秋楽

大相撲名古屋場所が終わりました。

千秋楽(15日間最後の日)は見られましたが、
その前日は祭りのあとで、見ていたらしいですが記憶にありません。
だから、14日目は結果しかわからない状態。残念。

さて、千秋楽の感想を。
一言『朝青龍強い!』で、すべて片付けられる内容でした。

横綱である朝青龍と琴光喜が一敗で優勝を争う展開。
残念ながら新横綱白鵬は後半調子を崩し、優勝争いからは脱落。

場所中に好成績を残したなら、大関昇進だった琴光喜
素晴らしい相撲で、見事大関昇進のラインをクリア。
しかし、昇進が確定した日から、相撲が崩れました。
安心感が生まれてしまったのでしょうか?
疲れや集中力の切れが手に取るようにわかりました。
場所中、気の抜ける日が無かったから、当たり前といえば当たり前ですが・・・
大相撲の15日制というのは、体力的にも精神的にも厳しい物があります。

ですが、この場所、朝青龍は気を抜く暇のなかった琴光喜とは真逆の15日間でした。

新横綱・白鵬の誕生で、一人横綱のプレッシャーから解放。
客の注目も、琴光喜にそそがれました。
もちろん、横綱だから
いい成績を残さねばならないというプレッシャーはあったでしょうが、
琴光喜や白鵬と比べたら、遥かに楽だったはずです。
さらに朝青龍には、ほかの二人に無い『経験』があります。

他の二人が、疲れ、集中力が衰えて来たところで、
朝青龍は淡々と最も自分の力のピークが来るように調整していました。
(余談ですが、朝青龍、場所中は38度を超える熱があったそうです。
ですから、身体的には決して良くなかった。
ですがそれを観客に気づかせないあたりが、
疲れをハッキリと気づかせた二人と大きく違う朝青龍の凄さですね。)

結果は明らかでした。
疲れきった琴光喜、白鵬では、
ピークの体調の朝青龍にとても歯が立たず、完敗。


う~ん、今回の場所は、勝負は土俵の上だけではなく、
15日間すべてが勝負と気づかされた場所でした。
誰かの曲に『経験よりもスピードとパワー』とありましたが、
『経験』が生み出すスピードとパワーというモノもあるんですね。

また長い文章になってしまった。

それでは





今の一曲
Rei Harakami『approach』

かわそ祭り

地元で行われた祭り『かわそ祭り』に参加してきました。

神輿を担いできたのですが、そりゃもうキツかったです。
朝早くから近所の神社に集合。
日本酒がみんなに振る舞われ、挨拶と祭りの無事を祈願する御祈り。
余談ですが、やはり神事には日本酒が合いますね。
味も、雰囲気も、アルコールの濃さも。

町の若い衆が40人くらいが神輿を担ぎ、町内を練り歩くと言う、
まあ、いわいる田舎の伝統的なスタイルの神事。

大体50mおきぐらいに近所の方々の協力で休憩所が用意されており、
止まるたびに色々な料理、お菓子、お酒が振る舞われます。
近所の方との交流も楽しい。久しぶりにいろいろな人に会い、
ちやほやされ、歓迎されてきました。

と、ここまでの内容を読むと「なんだ、すぐ休憩だし楽しそうじゃないか」
なんて思われるかもしれませんが、そんなに甘くありません。

とにかく神輿が重い重い。
50mがホントに限界な重さ。
しかも、担いでいる持ち手の部分が固く痛い。
始めは、前に上手く進むための号令的なかけ声が、
次第に気合い入れのためのかけ声に。
片方の担ぎ棒が下がると、ホントに潰されそうな重さ。
「気合いを入れろ」との叫び声があちらこちらから飛び交います。

さらに、休憩所のたびに注がれる日本酒。
振る舞われるビール。
50m置きにアルコール摂取とその後の全力の運動。
アルコールがまわるまわる。

開始から一時間ほどで動けなくなる人や運ばれる人が出る有様で、
(ちなみに午前10時くらい)
昼ぐらいには、キツさと酒で、みんなにもの凄い一体感が生まれます。
もちろん喧嘩があったり、やたら怖い酔っぱらい兄ちゃん&おっさんなど、
いかにも田舎的な行事(?)もしっかり押さえてあります。

もう皆限界という所で、最後のイベント
『神輿を海に入れて清める』開始。
ギャラリーも多く気合いも入ります。が
グデグデでヘトヘトの状態。
肩まで海に入り、神輿を運ぶなんて、もう自殺と同じような状況。
気合いと気力の大切さを久しぶりに実感。
何とか無事終わり、神輿を祭壇におさめた時には、みんなで抱きあって喜びました。
酔っぱらい怖い兄ちゃん&おっさんも、この時は抱き合って一緒に祝福。

きつかったですが、出てよかった。
伝統的な神事の良さを身をもって感じ、
自分の地元をますます好きになる祭りになりました。
地元の皆さんみんなに感謝!
しかしまあ、
こういった行事が全国至る所で大昔から毎年繰り返されているんですね。
凄いや。



が、地獄はその後に待っていました。
まず、寒さ。我に返ったら、寒い寒い。
ダッシュで家に帰りたいが、体中が痛くて走れない。
そして酔い。テンションが振り切れた状態で
大量の日本酒とビールを飲んだ(しかも一日中)ため、近年まれに見る酔い。
その後のご飯も、親戚の集まりも、ほとんど記憶に無し。
頭ががんがん痛く、気分が悪いのだけは記憶にあります。
一日明けた今日も、頭が痛く、酒なんか見たくもない状態。
で、筋肉痛。
すばらしく全身まんべん無く筋肉痛。
さらに神輿を担いでいた両肩は赤黒くポッコリと晴れ上がっております。
ギターなんか担げません。いたた。

ま、たまには良しとしますか。

※神輿の写真を手に入れたので、載せておきます。
kawaso







今日の一曲
くるり『お祭りわっしょい』

大相撲13日目

横綱、白鵬が負けました・・・
相手は大関・琴欧州。

う~ん、昨日の相撲内容を見て、危ないなとは思っていましたが、
まさか琴欧州に負けるとは。
立ち合いに琴欧州が変化(まっすぐに立たずに相手を避けて立つ事)し、
真っ向から行った白鵬は一気に不利な体勢に。
粘りはしましたが、本来の相撲ではない白鵬は逆転できず。
でも、琴欧州の攻めもよくなかったんですよね。
なんとも残念な相撲でした。


そして朝青龍。
先場所負けているため、今場所も・・・と期待していた千代大海戦
こちらも残念な相撲に。
千代大海が立ち合いに失敗し、
どちらもがしっかりとしないまま、何となく土俵を割る内容。
不成立でも良いような立ち合いでしたね。
こちらも残念。


唯一良い相撲を取ったのが、琴光喜。
完璧な立ち合いに、相手を回り込ませない攻め。
場所前に予想していた『琴光喜優勝』が現実味をおびてきました。
がんばれ琴光喜!
負けるな琴光喜!


あと二日、いよいよ大詰め。
どんどん相撲評論ブログになっているこのブログも大詰めです。






今の一枚
くるり『ワルツを踊れ』
と、いうかここ数日はこのアルバムしか聴いていない気がします。

大相撲12日目

さらにさらに相撲の話題が続きます。
興味ない方には謝っておきます。のこり三日。

横綱二人と琴光喜が一敗で並ぶ展開となった前日。
12日目は、最後にこの三人の取り組みが並んで行われました。

まず一人目に登場が琴光喜
前日の相撲を引きづらず『勝つ相撲』で問題なく勝利。
ホントに今場所は文句無し。

続くは横綱・朝青龍
素早い相撲で、こちらも問題ない勝利。
負けてはいけない所で負けないのが朝青龍の強さですね。

最後に土俵に上がるのが、横綱・白鵬。

・・・ちょっといただけない相撲でした。
前の二人が目の前で、しかも難なく勝ったのを見て、
もの凄いプレッシャーだったのでしょう。
ガチガチに緊張し、白鵬の持ち味である『勝たせない相撲』
つまり、相手を見る相撲が全然見られませんでした。
同体、取り直しで何とか勝ちはしましたが、
他二人とくらべると、どうしても劣る内容。


他の二人は『勝つ相撲』です。
勝つ相撲は、自分の力を出し切ればいい相撲なんです。
しか『勝たせない相撲』は、相手の力を利用します。
しっかり見て、しっかり受け止める事が大切なため、
一度空回りすると立て直しが困難。
そんな内容が出た一日でした。
まあ、何とか一敗を守ったので、まだ優勝争いのトップにいます。
気持ちを切り替え、13日目の相撲に期待。

てな感じですかね。
マニアックなブログになってしまっている・・


それと、明日、地元の祭りに参加する事になりそうです。
神輿担ぎそうです。
芸大生の体力で持つか心配。
体がバラバラになるんではないんだろうか?

まあ、体がバラバラになる展開の方が面白そうではありますが・・・





今の一曲
くるり『ブレーメン』

朝青龍 対 琴光喜

昨日に続き、横綱戦が続く琴光喜。
今が正念場です。


で、今日の朝青龍戦、結果は・・・

残念ながら琴光喜、白星を挙げる事ができませんでした。
と、言う事で、
横綱・朝青龍、横綱・白鵬、そして琴光喜が一敗で並ぶという展開に。
残り4日、楽しみですね。
もう三人とも優勝の為には一敗もできません。
朝青龍と白鵬は、まだ直接対決を残しているので、
この一番が優勝の鍵を握りそうですね。


では、朝青龍と琴光喜の一番の解説を。
昨日も『勝つ相撲』と『勝つ相撲』の対決が楽しみだと書きましたが、
やはり長年トップを走って来た朝青龍。
『勝つ相撲』に置いては一流でした。

昨日の白鵬戦を決めた琴光喜の攻め込みよりも先に
自分の体勢をつくってしまいました。
つまり、琴光喜は昨日の逆になってしまった訳です。
朝青龍、相手の『勝つ相撲』出させなかった。
『勝つ相撲』には、より強い『勝つ相撲』で対抗した訳です。

一度自分の有利な体勢をつくれれば、
あとはミスをしないように攻めるだけです。
安定した勝ち方でした。
白鵬に主役を持って行かれた感のある朝青龍でしたが、
やはり横綱。すばらしい攻めでした。

今場所の朝青龍は、しっかりと自分の体調を後半、
つまり強い力士と当たるときに向けて調整しているように見えます。
前半あった危なっかしい相撲が無くなって来ました。

のこり4日間、疲れやプレッシャーとの戦いも含まれて来ます。
3力士ともいかに乗り切るでしょうか?

やっぱり相撲、面白いです。






今日の一曲
The Who『The Kids Are Alright』

白鵬 対 琴光喜

昨日に限って、大相撲ダイジェストが午前2時20分とはこれいかに?
眠かったです。

昨日書いた通り、白鵬と琴光喜の取り組みが行われました。
どちらも全勝同士。期待の取り組みです。

当日、琴光喜は、ちゃんこも喉を通らないほど緊張していた模様。

結果は・・・

琴光喜の白星!
白鵬、横綱初黒星です。

内容は、以前書いた
『勝つ相撲』と『勝たせない相撲』が色濃く出ていました。
(以前の文章はこちら
琴光喜の『勝つ相撲』が上手く回りました。

勝たせない相撲というのは、相手を見る相撲でもあります。
相手の攻めを見て、隙をつく。
一番理想的な、横綱相撲。
しかし、それは、相手の力士より実力的に上だからできる相撲です。

今回の場合は、琴光喜の調子、集中力が完璧な状態。
だから、実力的には拮抗していたはず。
その上で琴光喜の『勝つ相撲』、一気に攻め込む相撲をされると、
『勝たせない相撲』では、
相手の攻めを見ている間に有利な体勢を取られ、攻められてしまいます。
わかりやすい相撲でした。
『琴光喜が良かった』その一言ですね。

場所前からの、琴光喜優勝予想、だんだんと現実になってきている気がします。


さて、今日は琴光喜、またしても横綱戦。
それも『勝つ相撲』を取り続けている、朝青龍戦です。
『勝つ相撲』で絶好調の琴光喜と、
『勝つ相撲』を取り続けて、優勝20回の朝青龍。
勝つ相撲同士、期待の取り組みが続きますね。



・・・で、やっぱり今日もその時間は学校。
てやんでい!



今の一枚
INO hidefumi『INO hidefumi』

直接対決

おととい書いた、白鵬と琴光喜、
どちらも昨日、難なく白星。

で、今日、全勝同士で直接対決を迎えました。
これは今場所一番楽しみな取り組みです。
どちらも全勝(他に全勝力士はいない)ですから、
この取り組みの勝者が大きく優勝へ近づきそうです。
見逃せない一番!


・・・その時間は学校・・・見られない。

ぎゃふん







今の一曲
jude『Silvester & Johnny K』

日本人の足を速くする

陸上400Mハードルの為末選手の著書
『日本人の足を速くする』を読みました。

とても理論的に『足はどうすれば速くなるのか?』について書かれた本で、
わかりやすく、納得させられる内容でした。
(本人が結果を残している人だから、
納得させざるを得ないと言うのもあるのですが)

具体的には、欧米人と日本人の違いの説明から、
それによる練習方法の違い、
日本人の体系ではどう走れば効率的かなどが書かれている前半と
(どう走れば良いかは実際に本を読んだ時の為に書かないでおきます)
為末選手の練習内容や、
試合に向けてのコンディションづくりなどを書いた後半に分かれています。

どちらも陸上の選手ならではの体験談や、
具体例などがふんだんに盛り込まれており、
退屈する事無く一気に読ませる内容。

試合前の選手の心境に着いて書かれていますが、
とてつもないプレッシャーの上、
相手に対する不安や、天候(風の向き)に対する不安、
もちろん、対戦相手それぞれが歴戦を勝ち抜いて来た猛者ばかり、
僕らでは想像もできないような心境の中、
自分の力を出し切るトップアスリートの方々に恐れ入ります。

レース中も、どのハードルからどのハードルまでが何歩で走るのかや、
どのタイミングで相手にプレッシャーをかけるかなど、
個人競技ならではの攻防を知る事ができ、
陸上に興味がある人には、とてもおすすめの内容です。
もちろんそれ以外の人にも、プレッシャーの克服の仕方、
日本人の身体の特性、
題名の通り、早く走る方法など興味深い内容が多く、おすすめですね。

今年の世界陸上がますます楽しみになりました。


しかし、日本人はどんな分野に置いても勤勉ですね。

日本人の足を速くする 日本人の足を速くする
為末 大 (2007/05)
新潮社

この商品の詳細を見る









今日の一枚
INO Hidefumi『Satisfaction』

大相撲・名古屋場所

しまった、なんだかんだとバタバタしているうちに、
もう名古屋場所、半分終わってしまった・・・
(そのぶんここ数日はものすごい勢いで更新していますが)

とりあえず、ここまでの流れを書いておきます。

この名古屋場所の注目は二人、
今場所から新横綱をつとめる『白鵬』と、
今場所の成績次第で大関になれる『琴光喜』です。

まず白鵬
先場所の活躍ぶりは、もの凄い物がありました(以前の記事をチェック!)
で、今場所も期待通り、
と、いうか、
期待以上の活躍をしています。
まさに横綱相撲。
具体的にどういう事かと言いますと、
先場所までの白鵬は『勝つ相撲』をとって来ました。
ですが、今場所、横綱になってからは『勝たせない』相撲をとっています。
この違いは大きく、
相手に力を出させないのが前者、
相手の力を自分が利用するのが後者です。

いわいる往年の名横綱達がとって来た相撲なんです。
で、ここまで全勝。凄い。


そして琴光喜。
僕の場所前からの予想は『琴光喜優勝』だったのですが、
予想通りというか、こちらも予想以上の相撲をとっています。
こちらは、白鵬と違い『勝つ相撲』を絵に描いたような、
攻め方で白星を重ねています。
横綱までたどり着いた白鵬と違い、琴光喜は、今が一番攻める時です。
こちらも全勝。

優勝争いは、この二人と、
一敗で追う横綱・朝青龍に早くもしぼられて来た感じがします。
だれが優勝するのかはわかりませんが、
この『勝つ相撲』と『勝たせない相撲』
ここまでスタイルが分かれた相撲を見せられると、見ている側も楽しいですね。
のこりも面白い場所になりそうです。
はたして琴光喜の勝つ相撲は、
白鵬の勝たせない相撲を崩す事ができるのでしょうか?



と、まあ、ここまで書いておきながら、思ったのが、
横綱になって4年、優勝は20回を超える大横綱、朝青龍、
まだ『勝つ相撲』なんですよね。
今までに前例のない横綱です。





今の一曲
INO hidefumi『+2℃』



卒研前期まとめ

遅くなりましたが、前期のパワーポイント資料を載せておきます。
ものすごく具体的ではないですが、ま、ご愛嬌でお願いします。

卒業研究ブログ


卒業研究ブログ2


卒業研究ブログ3


卒業研究ブログ4


卒業研究ブログ5


卒業研究ブログ6


卒業研究ブログ7


卒業研究ブログ8



ふう、補足&これより進んでいる事は、ボチボチ載せます。







今の一曲
くるり『ばらの花』

顔文字の『見立て』

昨日のゼミで話題に上った『顔文字』について書いておきます。
顔文字は『見立て』の宝庫なので、かなり勉強になりました。

『顔文字』とは携帯などでよく使う
(^_^)とか、
(T_T)の事です。

『顔文字』の詳しい意味はこちらから

記号を顔などに『見立て』てあるんですが、
あらためて見直すと、かなり興味深い。

まず『笑い』の表現です。
最初の『笑い』表現は、アメリカで誕生した、
:-)
です(横に見ると笑顔に見えますね)
で、日本人の考えた『笑い』は(ものすごく種類があるので、代表例を)
(^▽^)
(^○^)
(*´ー`)
などですかね。
同じ『笑い』でもとてつもない数が存在。
これを状況に応じて使い分けている訳ですから、日本人、恐れ入ります。
それぞれちょっとづつニュアンスがちがいますね。
中には、
( ̄▽ ̄)ノ_彡☆ テーブルを叩いたり、
[壁]^▽^) 物陰から笑う物まで・・・
すべて記号なのに『顔文字』ごとの性格まで想像できます。

そして、段々と『顔文字』は、
『記号』だけでなく『文字』も使用するようになります。
(;^_^A
w(°o°)w
こんな感じに。

日本人ならではだなと思う物には、漢字を使用した物があげられます。
(-公-;)
(`皿´)
(`益´)
などですね。
素晴らしい想像力。

そして『見立て』と言う視点から見て興味深いのが、
『落ち込み』の表現
こちらもアメリカで第一号が誕生。
○| ̄|_
日本で誕生したのが、
orz
・・・素直に凄いと思います。

と、まあ、まだまだありますが、
長くなりそうなので、分けて書きたいと思います。

顔文字がたくさんあるのを実感したい方は
こちらのサイトへ一度行ってみてください。
ものすごい数です。





今の一曲
Rei Harakami『にじぞう』


ZAZEN BOYS Live at 神戸VALIT

ふう、台風ですね。雨
早く僕に洗濯させてください

昨日は、雨の中めげずに
神戸VALITへZAZEN BOYSを見に行って来ました。

メンバー(ベース)が変わっての初ツアー初日。
まだまだ音が固い、がしがし盛り上げるより、音を確かめるようなライブ。
会場の期待と少しずれているようにも感じなくもなかったかな?

音自体は、ベースが変わって相当練習したのでしょう、
聴いていて不安になる部分は無く、安心して聴けました。


久しぶりに聴いた『Brain Construction』『Hard Liquor』など、
シングルからの曲が凄くしっかりまとまっていましたが
逆に、1stからの数曲はまだまだ、数をこなさなきゃならないなという印象

新曲は『メロディは奇麗なのに構成、リズムが変で気持ち悪い曲』
といった印象の曲ばかりで、まあ、正当進化・・・かな?
にた曲が多くなって来ているのに少しがっかり。
リフとリズムを突き詰めるとこうなるのですかね?

ちょっと辛口目に書くと、
無難にベースがまとまっていたのが残念。
同じ演奏なら、パフォーマンスの素晴らしい、ひなっちの方が良いですし、
(今回のライブ自体も、ひなっちが担当していた客あおりが無かったので、
盛り上がりに欠けている印象を持ったように感じました)
このメンバーの中で自分の色を出すのは相当難しいのはわかりますが、
本人もそれを覚悟の上で加入したんでしょうし、
今後、自分の色をしっかり出して行ってくれる事を期待。

冷静に見ると、3ヶ月で、この曲たちをしっかり弾けるだけで
凄い事なんですが、やっぱりお金を払って見に行っている訳ですし、
(ZAZENには演奏目的の客が多いですしね)
ちょっと辛口になってしまします。

次のライブに期待!



しかしながら、
『開戦前夜』も
『SI・GE・KI』も
『自問自答』もやらなくなってしまったんですね。
・・・寂しい。





今の一曲
ZAZEN BOYS『Riff Man』


再開

そろそろ落ち着いて来ました。
と、いっても、一時的なモノですが・・・
なかなか毎日忙しい・・・

しかしながら、
明日(今日か)から、また更新再開したいと思います。

書く事はいっぱいある(貯まっている)ので、
予定の合間にどんどん更新して行きたいと思ってます。

で、まずは卒研・・・と相撲(もう始まっています)を
更新が先決なのでしょうが、
『くるり』の新アルバムがとてつもなくかっこいいので、
その中から、2つほど今回は紹介しときたいと思います。
ホントに、素晴らしいメロディーに仕上がってます。
素直に凄い。
ぜひ一度聴いてみてください(YouTubeならただですしね)


まずは一曲目『Jubilee(ジュビリー)』



二曲目は『言葉はさんかく こころは四角』



どちらも、素晴らしく奇麗なメロディーで、なんだかホッとします。

てな事で今回は以上
ほいでわ





今の一曲
くるり『言葉はさんかく こころは四角』

The Universeのライブ音源

間が空いていてすいません。
ちょっと色々とありまして・・・

卒業研究関係はもう少し落ち着いてからアップします。
(色々手間がかかるので・・・週末くらいかな?)


今回は、先日神戸一番星食堂にて行われた、
The Universeのライブ音源配信が開始されましたので、書いておきます。
(ライブレポートはこちら
こちらから無料で聴けますので、ぜひどうぞ!
※音源の場所が分かりにくいと言われたので、詳しい場所を。
リンク先のサイトの一番左、いくつかのコンテンツが並んでいる所の、
下から二番目『噂のGIG』をクリックで聴く事ができます!


と、まあ、まだ更新をコンスタントにできかねます。すいません

では



今の一曲
The Universe『アイボリー』

ちょっとバタバタ

卒業研究概要審査会が無事おわりました。
詳しい事は、またまとまってから、徐々にアップします。

ちょっと予定外の事が入り、バタバタしているので、
更新、不定期になりそうな感じです。

卒研の色々、ちょっとした話、バンド話、
さらには大相撲の名古屋場所が明日から始まるなど、
書く事はつきない(と、いうか、追いつかない感じですが)

まあ、このへんで





今の一枚
Bill Evans Trio『Portrait In Jazz』

明日、発表日

明日7月6日の朝から、卒業研究の中間発表。

テキストは、火曜日の段階でゼミの先生にチェックしてもらい、
手直ししたのを水曜日に提出しているので、バッチリ。
あとは、何回か発表の練習をしておきます。

昨日かな?大学の掲示板に、
全員の卒業研究のテーマが張り出されていました。
用事があったので、ざっとしか見られませんでしたが、
難解なタイトルがずらっと。
頭が痛くなりそう・・・
と、いう僕も難解なタイトルなんですが・・
でも、何人かに「どんな内容?」と直接聞くと、
わかりやすい内容&目標を説明してくれます。

卒業研究のテーマとなると、
難しいタイトルを付けたくなるんでしょうね。なんとなく

だから、みんなの内容を実際に聞く事ができる、
明日の発表を楽しみにしていたんですが、
どうも時間の関係で、コース(僕の学科では、途中で4つのコースにわかれます)
ごとに分かれてするとの事。

と、言う事は、同じコースの人の発表しか聞けない。

なんでやねん
けっこう楽しみだったのに・・

ま、ダダをこねてもしょうがないので、同じコースの人のを楽しみにします。

同じコースの人で気になったの、面白そうなのがあれば
(可能な限り)ここに載せてやろうと考えているので、
違うコースでここを見ている方(期待せずに)楽しみにしててくださいな。


てなことで





今の一曲
The Libertines『Vertigo』

テンプレート変更

夏!

てなことで、テンプレート変更しませう。





今の一枚
Tahiti 80『Puzzle』

あわだま練習開始

かんなり前に言っていたバンド『あわだま』の初練習が今日ありました。
(かんなり前の『あわだま』とはこのことです。)

練習したいしたいと言っていたのですが、
スタジオの都合やメンバーの都合などで、
先へ先へと送られていて、やっと今日スタジオに入れました。

練習自体は問題なく進行
今日は、「やろう」と言っていた中で、
一番スタンダードな曲を何度も練習。

やっぱり音を出すのは、楽しか!
まだまだ、下手ですし、思い通りの音は出せていませんが、
この『音を出すのが楽しい』感覚を忘れずに練習して行きたいと思ちょります
(技術は、まあ、ボチボチと)

10月、学祭の日にライブするのを目標にがんばるので、
(すこ~しだけ)期待しててください!



それと今日、練習していて、一つわかった事が・・・
僕やっぱり、ものすごく物覚え悪いです。
いつも言っている、人の名前を覚えられないだけではなく、
曲の展開までもが覚えられない・・

一つ覚えたら、前のをしっかりわすれる有様。
足、引っ張らないようにがんばります。





今の一曲
くるり『ワンダーフォーゲル』

フラワーポットのその後

以前、フラワーポットのデザインで、
優秀賞を貰ったと書きましたが、その後の進展についてです。
(以前の文書はこちら

製品化が具体的になって来ました。
昨日、企業の方と会って話し合いをしたのですが、
いやぁ、企業って凄いですね。
何人もの方が関わって、色々な資料ができていました。
金型の原案から、スケールモデルなど、素直に感動。

上手く行けば、9月あたりに製品になりそうです。

それと、ありがたいのが、
フラワーポットを通じて、企業の方と知りあえた事。
今やっている課題や、これからの事に色々アドバイスをしてくれたり、
企業で働くという事はどういう事なのかを、説明してくれたり、
ご飯をおごってくれたり・・・微妙に、うちの社員にならないかと誘われたり・・・

まあ、とにかく、本当にお世話になっています。

大学っていう環境、大好きですけど、
企業も楽しそうですね。
同年代だけではない環境、楽しそうです。


また、進展があれば書きますね




今日の一枚
Les Cappuccino『French Madison』

アッシーくん

アッシーくん

ダイハツが開発した乗り物、その名も『アッシーくん』

りりしい



今の一曲
ゆらゆら帝国『機械によるイジメ』

もう7月

もう7月なんすね。はやか~

なんやかやとバタバタしてたら、毎日が速いです。
毎日更新の目標が最近はとぎれちゃってます。
今回は、ちょこちょこ最近の事をいくつか・・

・卒業研究なんですが、6日のレジュメは大体まとまりました。
6日の発表が終わり次第、
このブログ上にのせます&回りのみんなの感想も載せられる範囲でのせます。
色々と前期はあり、あまり具体的に進まなかった・・・反省
まあ、夏休みも変わらず進めます。



・それと、こないだ書いた、膝痛なんですが、
もう痛くないぞ、と今日走ったら、また再発・・
麻衣子さん、タケオさん、心配してくれたのにすいません。
今度こそしっかり治します。
バカです、自分。




・土曜日のライブ打ち上げ、皆さんおつかれさまでした。
新入生の皆さん(二年生も)飲み方というか、
自分の限界というかを、もっと知りましょうね。
限界になる人が毎回増えて来ている気がします。
無理して飲むのは、お酒ももったいないし、回りにも迷惑がかかりますので・・・
と、説教臭くなりましたが、要は『最初から最後まで楽しく』です。うん




・最近、知り合いがよく増えると、前書きましたが、
相変わらず増えています。
ありがたい。
が、問題がありまして、
僕、人の顔と名前、覚えるの(ものすごく)苦手なんです。
なにか名前を覚えるのにいい方法知りませんか?
『あだ名をつけて覚える』でがんばっているんですが、なかなか・・・
最近はあだ名も思いつかず、ひどく手抜きのあだ名になってます・・・




・ZAZEN BOYSのメンバーが変わって(ベースが変わりました)
初ライブがこないだ日比谷野音で行われました。
その模様がもう上がっています。
まだまだベースが固いですね。これから凄い成長、期待。
よろしければ、どうぞ


ツアーがもうすぐ始まるので楽しみ。


以上、長くなりすぎた&個人的な事ばかりな最近の報告でした。




今日の一枚
The Beach Boys『Pet Sounds』

 | BLOG TOP | 

プロフィール

TOKIE

Author:TOKIE
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。