スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機種変更

高校時代からご活躍されておりました、
携帯さんが、今朝、お亡くなりになられました。
年齢は4歳
原因は、開閉部分が固定されなくなった事による、通話不能です。
ご冥福をお祈りいたします。

寂しいです。
大学時代を共にしてきた仲だったのに・・・

思えば晩年、勝手に電話をかけたり(いまだに原因は謎)
メールを受信しなくなったり、
電池の残量を水増ししたり(電池残量が三つの状態でバッテリー切れ)
かなりのわがままさんぶりを発揮しておりました。

このひねくれ方、飼い主に似たのでしょうか?

で、強制的に機種変更という運びになりました。
前のパートナーを無くして、いきなり次のパートナーとは、
まるで昼ドラですが、しょうがないです。
ごめんよ。

で、新しい携帯のカメラによる旧携帯最後の勇姿です。
keitai.jpg


そして、お礼を一つ。
フラワーポットの賞金が無ければ、
とても変えるだけの金銭的余裕がありませんでした。
ありがとうフラワーポット!


さいごになりましたが、
この文章を読んだ方、よろしければ、
この記事の一番下にある、
拍手・・・もとい、手合わせにて、
追悼の1クリックをしていただけたら幸いです。
みんなで快く見送ってあげましょう。
ありがとう!携帯!
スポンサーサイト

卒研テーマ

卒研テーマ申告書が書き上がりました。
で、ゼミ先生からもOKが出ました。

中身がどう動いても大丈夫なように、
かなりアバウトな申告書です。

一応載せときます。


テーマ名
『見立て』を利用した多解性組み立て玩具の提案と制作

研究内容(選定理由、目的、意図、デザインの方向性など)
[背景]
現在の組み立て玩具は
『単解性』
『多解性』
という二種に分類する事ができる。
『単解性』とは、
プラモデルのように、答えが一つに決まっている事。
『多解性』とは、
ブロックや積み木のように、答えが多数ある事を差す。
 現在の玩具は、
単解性玩具が多くをしめており、
多解性玩具は、ブロックや積み木、粘土と言った、
昔から存在するオーソドックスな物が多くをしめ、
新規玩具のしめる割合は極端に少なくなっている。

[方向性] 
 本研究では『見立て』というキーワードを中心に、
想像力を生かす事によって楽しむ事ができる、
新しい多解性組み立て玩具を提案・制作する事を目的として制作を行う。

[進め方]
・多解性組み立て玩具の資料収集から始め、その面白さ、楽しさの抽出。
・ 『見立て』の情報収集・分析と、多解性組み立て玩具へのベストな展開の模索。
・ ルール、造形の決定。制作。
・ 人に遊んでもらう事による検証と、改良。



なんか卒研ぽいですね

いや、卒研ですね。正真正銘。

てな具合です。

大相撲5月場所まとめ

日曜日に終わった、大相撲5月場所をまとめます。

ブログに大相撲を書く事で、色々な事を言われました。
その一部を・・・
書く前
「ブログなんだし好きな事を書けば良いやんか」
「相撲好きならレポートしてよ」
「今、相撲どうなっているん?」
ふむ、書いても良いかな、と思い書き始めました。

書き出してしばらくして
「書き出したんやね。読むよ!」
「へえ、面白いじゃんか」
「朝青龍強いよね」

最近
「マニアックすぎて面白くない」
「楽しく読んでるで、笑えるし」
「相撲、興味ないねん」

・・・うん
日に日に回りが冷たくなっていた気がします。
マニアックになっては行けないと思いながらも、
どうしても難しくなってしまう。
難しい事です。

で、この前の日曜日に終了したわけですが、
結果、大関白鵬の全勝優勝という形になりました。
おめでとう白鵬!

今日、正式に横綱に昇進ました(ニュースでやってますね)
横綱(最高地位)が長く一人だった事もあり、期待の新横綱です。

剛の朝青龍と、柔の白鵬。
おもしろい時代になりそうです。

と、言う所で、5月場所を締めくくらせていただきます。


最後に書きたくて書けなかった、
マニアックな事を

十両の海鵬、9勝6敗おめでとう!
以上!

卒研テーマ申告書

『卒研テーマ申告書』なるものを、
6月1日までに提出しなければならないので、今まで書いていました。

しかし、
書けない。
やりたい事はたくさんあるのですが、
アバウトすぎて、しっかりとした形に落とし込めません。

昼に書いた『例え』や『見立て』を生かした、玩具
と、決めてはいるんですが『例え』一つとってもまとめきれていません。

まして『ブラックボックス』や、
『わかる』『つながる』などを入れようとしたら、
さっぱり何のこっちゃいなです。

げげげげ

例え

『見立て』について書いた続きです。
補足になるのかな?
ちょっとややこしい話になりそうな気がします。

『例え』について書いておきます。

『見立て』は、視覚を使って、何かを伝える事です。
『例え』は、視覚を使わず、言葉や想像で何かを伝える事ではないでしょうか?

(文字を使い、伝えるのは『見立て』ではなく『例え』です。
と、なると『見立て』は、言語以外という事になるのでしょうか?
これについては、また今度)

例え話、実は凄く多いんです。
オブラートにつつんで話すときや、客観的な視点になりたいときなど
色々なときに例え話が出て来ます。

「こんなとき、あの人ならなんて言うだろう?」
「こんなに牛乳買って、賞味期限以内に飲みきれるかな?」

これ、どちらも例え話です。
あの人の立場に立ってみる事は、自分を『あの人』に例えているわけですし、
賞味期限以内に飲めるかは、
その場で『今までの経験』に照らし合わせ、今回の状況に例えているわけです。

茂木健一郎の言う所の『仮想』に『例え』は凄く近いのかもしれません。

例え話が上手い人の話は、聞いていてわかりやすいですし、よく伝わります。
なぜなら『例え』は、色々な事を集約したイメージを伝える事ができるからです。

逆に言うと、そのイメージがわからなければ、
例え話は意味をなさないんです。
『犬』を知っている人には『犬』と言うだけで、大体の事が通じます。
『大きい犬』や『足の短い犬』と言えば、
頭の中で補足して、大体どんな『犬』なのか理解できます。

でも『犬』を知らない人に『犬』を伝える事は非常に困難です。
『猫と違う』『オオカミに似ている』『ワンと無く』など、
なかなかイメージを伝えられません。

百聞は一見にしかず。その通りです。
『例え』は、一見した事があるから、できるし、伝わります。
(これは、ブラックボックスの話にも繋がりますね)

つまり、伝える事を過去の経験や記憶と照らし合わせて、
より伝えやすくするのが『例え』なわけです。


これは言い過ぎかもしれませんが、
イメージを伝えるのが『見立て』で、
ニュアンスを伝えるのが『例え』と言えるのかもしれません。

ここらへんは、もう少し進めてみないといけないですね。

ここから、卒業研究に生かす方法を書くと、終わりがなさそうなので、
それは、また今度に回します。

今回はまとまりきっていない、なんのこっちゃいなの文章でした。
また、まとまったら書きます。とりあえず、現段階ではこんな感じでした。

ほいでわ





ゴーイング神戸 at ポートアイランド

『渋さ知らズ』めちゃくちゃ良かったです。
もちろん、他にも良いバンドたくさん出てましたが、
インパクト、盛り上がり、どちらも『渋さ知らズ』が一番だった気がします。
(帰りのポートライナーが込むのが目に見えていたので、
ガガガは途中退散でした)

前から観たい観たいと言っていた『渋さ知らズ』を
フェスという最高の場で観られたのはホントに嬉しかったです。

”祭り”という表現、ぴったりのバンド(オーケストラ?)良いですね。

ちょっと古い映像ですが、動画のせときます。


惜しまれるのは、時間が押していたせいで、演奏時間が短くなった事。
なんだよもう!


レディキャロや倭ジェロなど、良い演奏をたくさん聴かせてもらい、
無料でこんなイベント、他には無いと思います。
松原さん、ホントにご苦労様でした&ありがとうございました。

しまった

なんだかんだとしていたら、
昨日、相撲見逃しました。

結果は今日見ましたが、まさか横綱が三連敗とは・・・
白鵬の優勝と合わせてみたかった。
残念無念。


今日は千秋楽。
そしてゴーイング神戸。

横綱、連敗

連敗です。
集中力が切れてますね。横綱。

以前にも書きましたが、
スロースターターである横綱が、
白鵬の影響で今場所は前半から飛ばしていました。
そのせいか、疲れがたまっているように見えます。
今日の相撲(大関・魁皇戦)ちょっといただけない内容でした。

数年前から、稽古不足と言われ続けた横綱ですが、
そのツケが今になって回って来たのでしょう。

今までは、横綱独特の調整方法(場所が始まってから徐々に調子を上げて行く)
で、大丈夫だったのですが、
若手力士が力をつけて来た事や、白鵬の勢いのせいで、
場所の前半から気の抜けない相撲が続くようになりました。

結果、稽古不足によるスタミナの少なさと相まって、
後半戦での相撲の集中力が切れにつながっているように見えます。

横綱自身も、
自分の身体の動きに違和感を感じているような顔をしています。

一番一番の相撲を見れば、横綱が今でも一番強いと思います。
しかし、15日間通してみた場合、
横綱が一番強いと言えなくなって来ている気がします。


この調子では、最後の白鵬との対戦、少し結果が見えて来た気がします。
さて、あと2日間。どうなるのでしょうか?

フラワーポット

去年の後期に授業でデザインしたフラワーポットが、
なにやら優秀だったらしく、今日呼び出されて来ました。
金一封を頂き、自分でも驚いています。
いったいどういう状況なのか、
自分がわかってない状態で話が進んでいったのですが、
なにやら知らないうちに、良い評価をされて、
ある企業さんがプロトタイプまで制作されているらしいのです。
びっくり。

で、製品として販売されたら、デザイン料が発生するとの事。
そこは後日相談らしいです。
さらに、展示会に出品されるからと、招待もされました。
どひゃ~

自分の考えた物が、
自分の知らない所でこんなに動いているとは驚きです。
なんのこっちゃいな。

う~ん、最近色んな事が続けてあります。

スナッパ ズー

一日『見立て』を使った、おもちゃ・玩具の情報収集をしていたんですが、
思いのほか良いのが集まらない・・・

これは、見立てを上手く利用したおもちゃが少ないのでしょうか?
いや、そんな事無いです。
探し方がわるいんでしょうね、きっと。

ブロックと積み木、この二つの派生がホントに多いです。
何かに『見立て』るのは、おもちゃでは、限られているのでしょうか?

なにやらよくわからなく書いているので、
読んだ人はサッパリでしょうね。


一つ『スナッパ ズー』という面白い物を発見したので、紹介しておきます。

スナップボタンのたくさん付いた一枚の布を利用して、
様々な動物に『見立て』ていく玩具です。
こういった、スパッとシンプルに新しいもの、あるようで無いです。
かなり感心しました。

と、良いながらも文章では伝えづらいので、
気になった方、こちらから、詳細を見られます。

これは、結構目標になりそうです。

横綱にふたたび土

今日の大相撲にて、再び波乱です。
横綱にまたしても土がつきました。
相手は大関・千代大海です。

今日は、集中力の切れから来る負けではなく、
千代大海の完璧な攻め方による負けでした。

立ち合いは、互角でしたが、その後は完璧に千代大海の相撲。
見事でした。
(横綱の土俵の残り方も素晴らしかったですが、それを上回る攻めでした)

これで横綱は二敗。全勝を続ける白鵬を前に痛い負けです。
そして、千代大海。
最近は後半になると負けが続いていましたが、
この相撲を取る事ができれば、白鵬相手でも十分に勝てます。
千代大海も今日が終わった時点で二敗。
横綱と白鵬、二人にしぼられたと思われた優勝争い、
千代大海が加わって来ました。

白鵬は、
明日、関脇・琴光喜(こちらも二敗で好調。実は一番白鵬には嫌な相手との噂も)
明後日、千代大海。
明々後日に横綱と厳しい相撲が続きます。
のこり三日。楽しみな優勝争いになって来ました。
すべて勝てたら、白鵬、文句無く横綱でしょう。期待。



この場所前に細木○子が『優勝は千代大海』と宣言されてました。
「まさか、何をいってるんだ」とタカをくくってましたが、
千代大海、優勝争いに残ってます。
恐るべき細○数子・・・


The Universe Live at スタークラブ

昨日はThe Universe、スタークラブでした。

たくさんの方に来ていただき、感謝感謝です。

物販でゆっくりと見ていたのですが、
初めて人で演奏している所が見えないライブとなりました。驚き。

ボーカルが喉の調子が悪いようでしたが、
後半、だいぶ盛り返したようでしたし、安心しました。

やっぱりCDで、何人かの方が聴いていてくれた模様で、
Birds Eye Romanticが受けがいいようです。
知ってる曲は強い!
ライブハウスでは、
他のバンドさんを見てても思うんですが、
細かい演奏や(特にベース)ボーカルがどうしても聞き取りにくいので、
初めて聴く曲などは全体が把握しづらいんですね。
だから、CDなどで、知っている曲はやっぱり聴きやすいし、
乗りやすいです。


『知ってもらう』事が曲にもバンドにも凄く大切な事なのはわかってます。
『知ってもらう』事が一番難しい事もわかってます。
もちろん、曲やバンドだけでなく、色々な事も
『知ってもらう』のが難しいんでしょう。
最近色々な事でそれを実感している日々です。

・・・ライブ感想から少しそれましたが、そんな感じです。


追伸
ライブの模様、友人カメラマン、Georgeさんのブログにて見られますよ~
よろしければこちらからどうぞ!

横綱、負ける

昨日の取り組みで、
横綱朝青龍が安美錦に寄り切られ、負けてしまいました。

よって、横綱は9勝1負なりました。

普段の横綱は、前半戦は、ゆっくりと身体の調子を確かめて行き、
中盤戦から本来の相撲を取るようになり、
強い力士と戦う事となる後半戦で万全になるように、調整して行く、
いわいるスロースターターです。

しかし、今場所は、白鵬の影響があり、
前半戦から、後半戦のような勢いの相撲が続きました。
(それは、他の力士たちにも、空気として伝わったのでしょう、
普段は負けない相撲が多い前半戦も、
勝つ相撲を取る力士が多い場所となっていました。
結果としてとても盛り上がる場所になっています。)
しかし、それは普段と違う横綱の調整。
圧倒的な強さに驚きながらも、
後半、集中力が切れないかとなんとなく思っていました。

その集中力の切れがでた一戦に思えます。
焦って勝ちを狙ってました。

普段なら、横綱にハンデ1がある事が場所を面白くするのですが、
この場所は、白鵬が全勝、他の力士も好調力士が多い場所で、
痛い1敗です。

今日から後半戦、横綱・朝青龍、大関・白鵬とも、
強い相手と連日あたるようになります。
横綱は気を引き締め直し、最後まで負けないのでしょうか?
白鵬はこのまま全勝キープできるのでしょうか?

直接対決はおそらく千秋楽(15日間の最後の日です)
それまで、目のはなせない日が続きそうです。



でも、平日の6時頃って家にいる事無いんですよね。
この時間、何とかならないんでしょうか?







見立て

『ブラックボックス』の時に一緒に書こうと思ってたのですが、
予想以上に長くなってので、別に残しておきます。
『見立て』についてです。

何かを別の物に『見立て』る。
これは、とても重要な事です。
『見立て』があるから、ものづくりの楽しさが味わえますし、
人と競ったり、協力し合えたりします。
『見立て』は、玩具やおもちゃには、とても大切な欠かせない要素です。

『見立て』を具体的に説明します。
レゴブロックをいくら組み立てたところで、クマにはなりません。
でも、クマの形に似せ、くまに見立てる事はできます。
似せる事が上手くできれば、他人が見ても『クマ』と判断できます。
つまり、この見立ては、自分一人しかわからない見立てではなく、
他人の目を通してもわかる、見立てという事です。

それは、『折り紙』や、先日も書いた『ふくわらい』にも言える事です。

この『見立て』のおかげで、
レゴブロックは、ただの組み合わせ遊びにとどまらず、
レゴビルダーと呼ばれる専門家を輩出するまでになっています。

見立てるという事が無ければ、
『ふくわらい』を面白いと思う人がはたしているでしょうか?
きっといないのではないかと思います。

では『見立ての』何が面白いのでしょうか?

それは、そこに存在しないものを、そこの表現できる点と、
みんなのイメージを共有できる点の二点ではないでしょうか?

クマがそこに存在しては困ります。パニックになるでしょう。
でも、見立てたクマならば、存在しても、何も問題無い。
それどころか『折り紙のつる』のように、中々見られないものや、
存在もしない動物や乗り物などを表現する事ができます。
存在しない物しか表現できないのならば、
新しいモノを生み出す事自体ができないのではないでしょうか?


そしてもう一つ。イメージを共有できるという点は、
「こういったもの」や「ここがこうなっていて・・・」などの説明が、
見立てによって伝えやすくなります。
それは、みんなが頭の中で想像し、組み合わせる事が、
見立ての力で補足されるからです。
『百聞は一見にしかず』と言うように、
たくさん説明されるよりも、
パッと見立てた物を出す方が理解しやすい事でわかります。
(それは、モノでなくても、絵などでも可能です。
絵も、紙の上にそこにありもしない物を書いて見立てています。)
『ふくわらい』も、みんなのイメージにある顔とのずれを楽しむおもちゃです。
正解がわかっているから、間違いもわかる。
この事で、「そこはこうしたら?」「違う、もっと右」と、
より正しい答えを出し合う事ができます。

つまり、『見立て』は、
新しいモノや、より良いモノを作り出すのに
欠かせない事だと言えるのではないでしょうか?

『ブラックボックス』の解決にも『見立て』は必要です。


上手く『見立て』を利用したモノを作ることができれば、
きっと面白いモノができるはずです。



やるぞ~
で、今は、見立てを上手く生かしているモノをリスト化しています。
何かあったら、コメントに書いていただけると幸いです。


ふう、また長い。

大相撲・前半戦

昨日の日曜日で、大相撲の五月場所の半分が終了しました。
残すは、後半分。8日間です。

ここで感想と、残りの注目ポイントを。
始まる前にも書きましたが、
横綱・朝青龍と、大関・白鵬の二人が全勝です。
やはりこの二人が優勝争いの一番手だと思われます。

朝青龍は先場所、優勝を逃しています(決定戦で白鵬に負けました)ので、
今場所は必ず優勝すると意気込んでいますし、
白鵬は、先場所優勝。
今場所も優勝できれば、ほぼ確実に、
一番上の位・横綱に上がれるとあり、こちらも負けられません。
どちらも、勝たなければいけない理由があります。

そこに何人かが、全勝・一敗で追いかけているという展開です。
見ている側としては、楽しみな展開です。
さらに、今場所の特徴として、大関の調子の良さが挙げられます。
前半戦を終え、白鵬をのぞく全大関がまだ一敗です。
まだまだ優勝が手の届く位置につけています。

今後、その調子の良い大関と、
朝青龍・白鵬は順番にあたって行く事になります。
どちらも、一敗が優勝には命取りになりますし、
他の大関からしたら、その一勝が優勝への必要条件となります。

のこり一週間、楽しみです。


それと、先日引退した、栃東が、7日目に初解説をされてました。
しっかりした解説ができるか心配されたのでしょう。
隣には、しっかりと名解説者の、舞の海さんが座っていました。

でも、そこは元・理論派力士。
細かいテクニックまでバッチリ話し、舞の海の補足と相まって、
「相撲って一瞬でこんなに考えている物なの?」
と疑問が出るぐらいの解説(実況が入る隙間が無い)になっていました。
次からは一人で呼ばれる事でしょう。

KOBE JAZZ FESTIVAL at 神戸国際会館

今日は友人の誘いで、KOBE JAZZ FESTIVALに行って来ました。
毎年行われているイベントで、
リクエストされた曲を演奏するタイプのライブです。

場所は、神戸国際会館こくさいホール。
2000人ほどが入場できる、とても大きな会場です。

年齢層は、高め。若い方はほとんど見られなかったです。
そのため、リクエストされている曲も、昔の名曲ばかり。
どこかで耳にした事がある曲が多かったです。

いつも小さいライブハウスばかりなので、
こういった大きくて奇麗な会場はとても新鮮。
こういった客層もとても新鮮で、雰囲気を楽しませてもらいました。

演奏もとても巧く、安心して、曲を楽しむ事ができました。

良いですね、こういった会場でするのは、
普段ライブハウスなどに行き慣れてない方達にも
気軽に来ていただく事ができるんじゃないでしょうか?
こういったイベント、大歓迎です。


ただ、やっぱりライブハウスに行き慣れてる側からすると、
生演奏は、演奏者の表情がわかり、
客との一体感が生まれやすいライブハウスの魅力を
あらためて感じてしまいました。

主催者側の理想も、こういったイベントでライブの良さを知ってもらい、
ライブハウスの足を運んでもらう事のようでしたし、
(MCで何度かライブハウスにぜひ来てくださいと誘っておられました)
最終目的はライブハウスのようですね。
確かに、こんな大きな会場は、イベント開くだけでも大変ですもんね。
ライブハウス、やっぱり魅力的です。


てな具合です。




ブラックボックス

久しぶりに卒業研究について書きます。

テーマでもある、『わかる』『つながる』。
この二つを満たすために、邪魔でもあり、ありがたい存在でもある、
『ブラックボックス』についてです。

『ブラックボックス』とは、内部構造が分からないと言う事です。
または、他人に見られたくなかったり、見られたら困る内容などを、
隠す事、見えなくする事を『ブラックボックス化』と、いいます。

この『ブラックボックス』なにが邪魔で、ありがたい存在なのかと言いますと、

このブログを書いているMac、操作はできます。それなりに。
でも、どういった構造で操作が進んで行っているのか、わかりません。

もちろん、ある程度の事は分りますが、
すべて説明できる人はまれだと思います。
『ブラックボックス化』されているおかげで、操作でき、使う事ができます。

Macに限らず、
ほとんどの家電製品は『ブラックボックス化』の上で成り立ってます。

それ自体は、ありがたい事だし、良い事なのかもしれませんが、
そのせいで、操作がわからなかったり、
故障したときにお手上げになってしまいます。

最近人気の(もう古いか)
『ピタゴラスイッチ』などは、あれだけ複雑になっています。
でも、見ただけで、構造が解りますし
「なぜこうなったか?」の質問に答えられます。

構造がわかるということは、修復もできると言う事です。

昔ながらの遊び『ふくわらい』は、構造を理解したうえで、
それを崩すから楽しい遊びになります。
顔に見立ててあるパーツのおかげで、
説明書が無くても、正解がわかり、見ているだけでも楽しむ事ができます。

説明書が無くても解るようにするために家電などは
『ブラックボックス化』を進めています。
それは良い事だと思いますし、必要な事ですが、
反面、メーカー毎に違う操作方法や手順を設定してしまう事になってしまい、
『わからない』状態になってしまっています。

おもちゃ・玩具でも、テレビゲームの出現で、その傾向があります。
特に、シリーズ物などは、途中参加者とそのゲームのエキスパート、
どちらも満足させる事が要求されるため、
複雑なのに、わかりやすさを要求されています。
そしてそれは、大体にして、
途中参加者にはわからない操作に落ち着いてしまいます。

これも、構造が『ブラックボックス化』してある為におこることです。
(でも、ブラックボックス化しなければ、誰も操作などできないのも事実)

この卒業研究では『ピタゴラスイッチ』や『ふくわらい』
の解りやすさを、目指していきます。
『ブラックボックス』は、
いくらわかりやすくしても、隠してしまっているという事です。

それは、はたして良い事なのだろうか?
『わかる』『つながる』には、本当に必要なのだろうか?
そういった事に、
少しでも問いかけをできればと考えながら進めていってますし、
進めて行きたいと考えています。




長くなりすぎた・・・




マクパペット

今日、ゼミにて、面白いサイトを紹介してもらいました。
『マクパペット』という、Flash似顔絵(?)サイトです。
結構面白いので、調子に乗って色々いじってみました。
何人かつくったので、載せておきます。

まず、


自分。
なにやら爽やかすぎますね。
こんな男前じゃないのに・・・すいません

次はUniverse三人を・・・

ギター&ボーカル


ベース


ドラム


ベース・・・かわいい


いつもお世話になっている、デザイナー、
T田さん。



思ったほどパーツが無く、結構苦労しました。
自分を再現するのに、眉毛パーツが無いのは残念。

でも、楽しいです。このサイト。

みなさんも良ければこの『マクパペット』試してみはいかがですか?

移動

昨日はホントに移動日でした。
別に遠くに行った訳ではないんですが、

朝、福井県から、大阪へ。
用事を済ませ、夕方、京都へ。
懐かしい友達と再会。ああでもないこうでもないと話し、
夜、最終電車にて神戸。
案の定、地下鉄に乗り遅れ、雨の中、徒歩にて帰宅。

忙しかったように思ってしまうんですが、
移動中は、特にする事ないんですよね。
本読むくらいしか。

だから、疲れの割には、一日きつかったという訳ではないんです。
よくわからない状態。

電車移動、結構好きなので、問題は無し。

よし、こんなところです。

BOARDWALK

BOARDWALKから、音源が送られてきました。

『人類が産まれて3万年。
ヨーロッパではネアンデルタール人から、
歴史の舞台は、クロマニヨン人へと移行していった。
一説によるとネアンデルタール人は芸術を有し、
クロマニヨン人は狩りに明け暮れた。

その世代交代から3万年。
人類はBOARDWALKへと、新たなる変化を
渇望しているのでは、なかろうか。

We need no place,but...BOARDWALK.」

と、言う文章とともに。

なんのこっちゃか分かりかねますが、
送られてきた音源を、ブログ上に挙げておきます。
よければ、お聞きください。

恋花火

ひとめぼれ

聴いてみて、感想などあれば、このブログのコメントなどにお書きください。

と、言う事です。

ますます、卒研から離れていきます・・・

脳と仮想

移動時間などを利用して読んでいた、
茂木健一郎の『脳と仮想』を読み終わりました。

脳科学の本、好きでよく読むのですが、
茂木健一郎の本は、他の脳科学と違う目線からの書き方で、
とても興味深く読むことができました。

他の脳科学の本は、
脳の構造や、何かに触れたり、感じたりした時の
脳の働きを掘り下げていくのに対し、
茂木健一郎の本は、彼の売りでもある『クオリア』中心に展開しています。

『クオリア』とは、質感や感情、心のあり方などの単位のことで、
そのクオリアがまず、先にあった上での、
脳の働きなどを掘り下げていっています。
だから、すごく感情的で、人間的な内容になっています。
もちろん、僕らは人間なので、
感情的な事から、話を進めていくのは、
分かりやすく、取っ付きやすいので、
こういった本があるのは、とてもいい事だと思います。

このアプローチのしかたの違いで、他の脳科学本では説明しづらいことを
簡単に説明していたりして、興味深い内容になっているのですが、
その書き方のおかげで、正当(?)な脳科学本を期待すると
肩すかしをくらう内容でもあります。
あくまで『クオリア』の事を中心に進めている本でした。

アプローチや関わり方を帰る事で、
ここまで内容に違いが出てくる事に驚かされる本でもありました。




おまけ
昨日の大相撲、豊真将残念でした。横綱強いです。
あのかち上げ一つで勝負がつきました。
そして、今日は、これまた若手期待で、
横綱にも勝った事のある、稀勢の里が挑みます。
これも、とても楽しみです。いかに食い下がる事ができるか?見物です。

豊ノ島、残念

残念でした・・・

やっぱり横綱は強かった。
圧倒的でした。

豊ノ島は、怪我をした右足のテーピングが痛々しく、
ちょっと見るに耐えられない感じでした。

この先のことを考えると、怪我を直すことが先決かもしれません。
片足をかばうことで、
もう片足を痛めることになってしまいかねません。

いい力士なだけに、怪我で取り返しのつかないことにならないことを祈ります。

そして横綱、今日は若手期待
(今、相撲界は、注目の若手がたくさん出てきていて、
すごく面白い状態になってきています)
豊真将の挑戦を受けます。
はたして、どこまで横綱に食い下がれるのか、見物です。


しかし、今の大相撲は、
いい力士がいかに横綱に挑むか?てな状況が続いていて、
まさに、漫画『ああ播磨灘』の世界ですね。ちょっとコミカルです。

The Universe Live at 一番星食堂

以前から書いていた通り、今日はThe Universeのライブでした。
みなさんおつかれさまでした。

ホントにはずれバンドの無い、良いライブでした。
Lost Ladyさん、ありがとうございました。

まず、The Universe。
テンションめちゃくちゃ高かったですね。
一曲目から、アンコールの乗り(客も)
演奏は、正直荒かったですが、勢いがある良い演奏でした。
ただ、やはり時間が短い。新曲がぞくぞくとできるのは良いけど、
昔の曲をやる時間がないのは、少し寂しい気もします。

で、今日のライブのハイライトと言うと『Vulcan』というバンドでした。
ファンキーという言葉がぴったりのベース。
気持ちいいギター、勢いのあるドラム。
凄く良かったです。
いい演奏聴かせてもらいました。

イベント自体も、
全体を通して良い空気が流れていて、これからも期待できそうです。

今日からライブハウスで発売を開始したCDも、みなさん手に取っていただき、
感謝です。

がんばって生産したのですが、時間がなく、
少量だったDVD付きバージョン(間に合っただけでも奇跡的でしたが)
も、すべて売り切れ、ありがたい限りです。
追加生産、こちらもがんばります。
DVD付きを希望の方、でき次第販売しますので、しばしお待ちを。





久しぶりに暴れたので、首が痛い・・・




明日から大相撲

いよいよ明日から五月場所がはじまります。

初日、二日目の取り組みが発表されました。

注目な取り組みが早くも決定です。
『朝青龍・豊ノ島』
の因縁の一番。

なぜ因縁かといいますと、
先場所までの活躍で、
三役(相撲取りのあこがれの地位です)まで上り詰めた豊ノ島。
しかし、二週間ほど前、豊ノ島は朝青龍と稽古を行っていたところ、
ヘッドロックから投げられるという朝青龍の無理矢理な攻めで、
右足のじん帯を損傷させられました
詳しくはこちら
朝青龍ひどい・・・

休場すれば、三役からは落とされてしまいます。
せっかくつかんだ三役の地位を一度も出場できずに終わるのかと思われましたが、
強行出場するとの事(かなり心配)
でも、できる限りはやってほしいと思っていた所に、この取り組み。

なんともひどい取り組みです。

まあ、見る側にしては楽しみでもあるのですが・・・

順当に考えれば、朝青龍の有利は動かないのですが、
う~む、豊ノ島、がんばってほしいです。



CD完成

Universebotsu4.jpg

やっと、と言いますか、ようやく、と言いますか、
The Universeの1st singleが完成しました。

おまたせしていた皆さんすいません。
ライブにホントにぎりぎり間に合いました。

通販で注文の人、あと2,3日お待ちください。
お金の振込方法が整い次第、発送させていただきます。

今日、昼に完成しまして、少しだけと、販売した所
ありがたい事に、ほとんど完売。
(まあ、おかげで、今まで追加生産を行っていたのですが)
みなさん感謝です。

それと、なんせすべて手作業という事もあり、丁寧に作業しているつもりでも、
指紋などがついている場合がありますが、そこらへんはご愛嬌でお願いします。

あと、感想や質問などありましたら、The Universeのサイトか、
ここのコメントへお願いいたします。どんな事でも結構です!
そういった声、メンバー共々とても励みになりますので。

では、明日。ライブ会場で!


それと、課題(CDも含む)も一段落したので、
そろそろ卒業研究に(少しずつ)移って行けると思います。
よし!本題!


あ、明後日から相撲だ・・・


ラーメン『無鉄砲』

今日は京都に予定があり朝から行って来ました。
で、夕方、用事がすんでから、
友人と『無鉄砲』へラーメンを食べに行って来ました。

一度行きたいと思っていたラーメン屋『無鉄砲』
とんこつラーメンの店なんですが、
聞く話は、スープが濃すぎて、とても食べられない。であったり、
ここのラーメンを食べずしてとんこつは語れないであったり、
ど田舎にあるのに、行列がたえないであったり、
まあ、とにかく、凄いらしいのです。

行きたい行きたいと思いながらも、お店は京都の端っこ。ほとんど奈良。
回りはど田舎(携帯も圏外でした)

で、とうとう今日、行って来ました。
ホントに田舎。こんな所にホントにお店、あるのか?と、
不安になりつつ進むと、ありました。目的のお店がぽっつりと。

こんな感じで
20070511003652.jpg
まわり、田んぼです。念のため。

でも、行列は無く、空いている模様。
難なく入り、一番ベーシックな『とんこつラーメン』を注文。
出て来たのが、これ
20070510201009.jpg
濃い。
凄く濃い。
例えるなら
「純粋な豚骨スープで、天下一品スープの濃さ」
うまいです。うまいですが、食べる時の体調に結構左右されそうです・・・
ちょっと崩しているなら、やめた方が良いかも。
でも、とんこつ好きにはこたえられない味です。
あと、麺、歯ごたえとのどごし、どちらも凄く良かったです。

帰り際、店の前には行列が。
ほえ~



結論。遠い。

CD制作とライブ予定

今日一日、the UNIVERSEのCD制作を進めて来ました。

まあ、ほとんど、完成・・・と言った所まで進んでいます。
ジャケットの印刷もほぼ完了しています。
注文してくださっている方、すいません!あと数日のお待ちを!

そして、今週の土曜日に迫って来ました、ライブの案内です。
詳細は
■5/12(土)神戸一番星食堂
Lost lady presents
"Music Addiction Assembly vol.3"
2007.5.12(sat)一番星食堂
出演バンド
・歌was,
・Vulcan
・the UNIVERSE
・Night Breaker
・Lost Lady

前売り500 / 当日1000 (1ドリンク別)
Open:17:30 / Start:18:00
と、なっております。

ホントに、良いバンドがそろいました。
はずれ、無いと思います。すべて見たいと思えるバンドばかりです。
土日ですので、興味ある方、ぜひいらしてください。
損はしないはずです。

そして、the UNIVERSEですが、バッチリ力を入れて練習に励んでいる模様です。
CD、ライブとも、一所懸命やります!
期待しててください!

てな、案内でした。
では

時間

誰だっけな、この国から、
『テレビとネットとマンガが無くなれば、この国には膨大な時間が手に入る』
てな具合な事を言っていたのは。
それについて少し・・・

言われてる事、最もだと思います。
この三つとも、熱中し終わってから
「しまった!」と後悔する事が多々ある物ばかりです。

ちょっと考えてみると、共通点として、
すべてが受け身であると言う事が挙げられるのではないでしょうか?
テレビは見たい番組、見ているうちの何割くらいでしょうか?
多分半分にも満たないはず。
なんとなくついてるから、なんとなく見ている。
そんなのが多い気がします。

ネットは、検索、リンクの怖さを最近実感します。
一つの事を知りたいのに、結果として、
全く意味のない事まで知ってしまってます。
で、結局、始めに知りたかった事を忘れてしまっている。
色々な情報が大量にあると、気になった部分だけ読んでるつもりでも、
かなりの情報量になるのが怖い。
(このブログも、確実に読んでる人の何分かは確実に奪っています)

そして、本はそんなに読み返さないのに、
マンガは、なんであんなに読み返すんでしょうか?
新しいマンガを読むのはまだ生産的だと思うのですが、
すでに知っているマンガの読み返し、楽しいんですよね。
これも、受け身の楽しさにあふれてます。

ん~
『自分は何もリスクがない』これも三つともの共通点として挙げられます。
家からも出なくて良いですし、お金もかからない。リスクがホントに無い。

回りと繋がっていることによる安心感てのも挙げられますね。

結局みんな、
安心感が感じられる手軽な物についつい手が伸びるのでしょうか?


「この三つを抜いたら、時間を忘れる事が無い」
そんな状況には、なっていないでしょうか?





デジカメの課題

お騒がせしておりました、デジカメの課題、
つい今しがた完成しました。

ふう。
とりあえずギリギリ間に合いました。
アイディア出しを手伝ってくれた方や意見などをくださった方、
感謝感謝です。
明日、最終チェックをしてから、提出します。

さて、これで、ちょっと遅めのGW(ギリシャ・ワイン)に入れそ・・・
うでは無いですね。
まだ、色々とたまっている事を消化せねばならない様子です。

たまっている事で、思い出したんですが、卒業研究、
全く止まったままになっています。
ブログ、完璧に趣味のブログと化しています。
これは危険。
はたして、卒業研究、近いうちにに進むのでしょうか?
ちょっとづつネタの方は集めているはいるのですが、
消化が、まだです。

なかなか消化しづらくて・・・
胃もたれ気味になってしまっている次第です。

てなことで


賞味期限

20070507020914.jpg

野菜ジュースを買って、飲もうとしたんですが、
よく見てみると、賞味期限が

07.10.8 21:23

とあります。
分単位まで決まってます。
と、いう事は、
07.10.8 21:22
はセーフで、
07.10.8 21:24
はアウトなのですね。

かなりシビア!
の、わりには半年持つんですね、この野菜ジュース。

今年度の『長持ちするけど、時間にはシビア大賞』受賞候補です。

 | BLOG TOP |  NEXT»»

プロフィール

TOKIE

Author:TOKIE
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。